DEAD WESTパート別座談会

座談会シリーズ、最後はドラマーの4人。定番の他己紹介から始めようとしたところ、誰も喋り始めないという事案が発生。

――失礼かもしれないですけど、ドラマーっぽいですね(笑)。

将:ドラマーって、ワガママなフロントメンバーに対するお母さんみたいな存在やから、後ろで見守ってる控えめな感じが出てしまってますね(笑)。ドラマーは結構気さくな人が多いはずなんですけど。
白-Mashiro-:ドラマーは絶対ライヴの日に友達を作って帰ってくるものと思われがちだけど、僕はそのタイプじゃないんですよね。
ちゃりのり:僕、思うんですけど、気さくな人か、めっちゃ人見知りか、両極端なのがドラマーだと思うんですよ。この4人の中でも、僕と将さんは気さくタイプで、白-Mashiro-くんとRizくんは大人しいタイプ。
将:Rizくんは大人しいよなぁ。
Riz:そうですね(笑)。

――だって今、正座してますからね。あ、白-Mashiro-さんも(笑)。

将:どんだけ真面目やねん! 俺なんかあぐらかいてるで。
ちゃりのり:ドラムってちょっと孤立するパートなんですよね。
将:それはライヴ中でも多少感じるなぁ。
白-Mashiro-:動けないですもんね(笑)。
将:リハのときでも、フロントメンバーが柵を越えて外音をチェックしに行ったりするじゃないですか。めっちゃうらやましいです。俺も外音聴きに行きたいけど絶対無理(笑)。
ちゃりのり:なんかさみしいなぁって思う。
将:でもライヴ中に関しては、俺は「今お前らが前で演奏できてるのは俺が後ろでちゃんと叩いてるからやで!」って思ってる。
ちゃりのり:それは確かにあるんですよね。自分は絶対に演奏をやめてはいけないっていうプレッシャーもありつつ(笑)。どんなトラブルがあっても何かしらの音は出しておかないといけない。
将:フロントメンバーにどんだけすごいやつがおっても、もしドラムが演奏をやめたら、みんな何もできへん(笑)。実はいちばん演奏第一なパートなんです。
白-Mashiro-:僕の場合は、孤立してるポジションだからこそドラムが好きなんですよ。ひとりになれるじゃないですか。だから僕は基本、マイクも切ってもらって、コーラスも無しで。ライヴ中にメンバーが絡んできたとしても多分シカトしますよってメンバーにも宣言してあります。でも、先にそう言ってあるのに、Ryoさんはすごい笑顔で絡んできてくれる(笑)。
将:うわー! Ryoくんは絡んできそう(笑)!
ちゃりのり:フロントメンバーが不安になったときにドラムを見たりするやん。
白-Mashiro-:そういうときでも、僕がストイックに叩き続けていたら、前3人は安心できるかなって。
ちゃりのり:一度クアトロでやったときに、ステージがすごく広くて、本番中さみしくなったんですよね。
一同:(笑)
ちゃりのり:「なんかみんな遠いなぁ、大丈夫かなぁ」って (笑)。
みんなが前の方に行っちゃうから、ステージ上でのドラムとフロントメンバーの物理的な距離が遠くて。
将:そういえば名古屋のボトムラインに行ったときは「広っ!」ってなったなぁ。広い会場になればなるほど、物理的な距離が広がるから、アイコンタクトもやりにくくなって、難しくなるよな。
ちゃりのり:だから、いかにメンバーを信用させる演奏をするかっていう。
白-Mashiro-:そうですね。
ちゃりのり:そういえば、僕と将さんは正規メンバーで、白-Mashiro-くんとRizくんはサポートメンバーじゃないですか。そういう面ってどうですか?

自然と司会進行役をかって出てくれる、ちゃりのり。彼に任せることが吉と出るか凶と出るかは、ここからのお楽しみである。

Riz:同じステージに立ってる以上、サポートっていう立場は関係なく、メンバーをぐいぐい押せるくらいのプレイを心がけてますね。
将:いいねー!
白-Mashiro-:Rizさんはフレーズって全部考えてますか?
Riz:デモの段階でSHINTAROさんが割としっかりした打ち込みをしてきてくださるんで、そんなには。
ちゃりのり:こないだSHINTAROくんと話したときに、結構Rizくんに任せてるって言ってたけど(笑)。
Riz:ここを変えないとっていうのはあんまり無くて、もらったものをふんわり捉えて自分なりに叩いてますね。
ちゃりのり:白-Mashiro-くんはどうなん? やっぱり考えたい方?
白-Mashiro-:既存の曲があるんですけど、もし僕が考えたフレーズの方がいいなって思ったら、バシバシ変えていってますね。スタジオでやってみて、メンバーが何も言ってこなかったら、それで正しいんだなっていう認識で。それをメンバーが認めてくれるんで、すごく自由にやらせてもらってます。
ちゃりのり:良いメンバーだ! 将さんはメンバーのことどう思ってるんですか?
将:俺はメンバーみんなかっこいいと思ってるよ! 3人の後ろやったら、どんだけ自分が地味でもいいかなって。それでフロントメンバー3人が引き立つんやったら。
Riz:サポートする側の気持ちとしても、やっぱりメンバーをかっこいいって思えないとやれないですね。何か光るものがあるから、こっちもそれに対してぶつかっていけるというか。

――サポートのお誘いがあってからOKするにあたっての決め手って何だったんですか?

将:お金やな(笑)。
Riz:いやいや(笑)!
ちゃりのり:僕もサポートしてた経験あったんですけど、音楽性もメンバーの人柄も大事ですよね。
Riz:そうですね。特にALに関しては「自分も成長できそうな場所だな」と思ったのがいちばんでしたね。僕もずっと勉強しつづけないといけないんで。ただなんとなくサポートするのではなく、そこで成長できないと、やっぱりやってる意味がないというか。
ちゃりのり:白-Mashiro-くんは?
白-Mashiro-:きっかけは、Ryoさんが僕の出てたライヴを見に来ていて。
将:ナンパされたん?
白-Mashiro-:深夜2時に電話がかかってきたんですよ。Ryoさんじゃなかったらボロクソに怒ってますけど。あとで聞いたら、そのライヴのときの演奏を聴いて、一目惚れしたと。僕もメビウスがすごく良い音楽をやろうとしていると思ったし、トモヤさんの書く歌詞が良いから。メビウスはかっこよければ何をしてもいいって感じですごく自由にやる人たちなので、僕は前3人がしっかり自由にかっこよくやれるように、支える役目に徹しようと。それで、今のスタイルにつながってるんですけど。

――白-Mashiro-さんは元々ヴィジュアル系じゃないジャンルでやってたんですよね?

白-Mashiro-:そうですね、メタルバンドをやってました。ちゃんとバンドを組んでドラムを真剣に叩き始めたのが去年からなんですよ。
ちゃりのり:僕は昨日からです。
将:はぁ?
一同:(笑)
白-Mashiro-:でも、運命的にRyoさんに見つけてもらって。だからヴィジュアル系は初挑戦です。あまりジャンルについては気にしてないんですけどね。
将:ちょっと気になるねんけど、みんなの好きなドラマーは誰? 僕はバディ・リッチが好きやねん。大好きすぎて、奏法とか全部真似しているうちに思ったのが「平成のバディ・リッチになってやろう」と。Rizくんは誰が好きなん?
Riz:僕はLed Zeppelinのジョン・ボーナムが好きで。あとはLOUDNESSの樋口さんがすごく好きですね。堂々としていて、座ってるだけでかっこいい!
白-Mashiro-:ちょっとテンション上がる! 僕も好きなんで。
Riz:あの人はなんであんなにかっこいいんだろうって追求したら、樋口さんはジョン・ボーナムに影響されてるって知って。それでどっちも好きになりました。あと聖飢魔IIの雷電さんもジョン・ボーナムが好きらしいんですよ。技術とかフレーズというよりも、アツいビートを大事にするという感じで。ビートがしっかりしているドラマーになりたいです。
将:Rizくんのドラムはそういう根本的なところがすごくしっかりしてるイメージだったから、今の話を聞いて納得した(笑)。客観的に見てすごくうまいもん。
Riz:僕は自分のこと技術がないと思ってるんですよ。ツインペダルもすごく苦手だし。
将:そう?!
Riz:最近思うのが、苦手意識のあることって本当に伸びないなって(笑)。コンビネーション(16部音符で手足を組み合わせて作るフレーズ)がなかなかハマらなかったり。
将:でもライヴでよくやってない?
Riz:いやぁ…(笑)。
将:僕シングルペダルやで。
ちゃりのり:将さんのシングルペダルはシングルペダルじゃない(笑)。
将:高校のときにツインペダル買ってやってみたんやけど、全然できなくて、もうええわってなって。
ちゃりのり:今やってみたら最強ちゃいます? 慣れてしまえば。
将:いやぁ…もうええわ(笑)。シングルペダルならではのアプローチの仕方とかにこだわってみてる。
Riz:あー、いいですね! 僕も元々そういうドラムが好きなので。
白-Mashiro-:僕はいちばん好きなドラマーがL’Arc~en~Cielのyukihiroさんなんですよ。すごく緻密な演奏で、もちろん素人が聴いてもすごいですけど、ドラマーが聴くとよりすごい。僕も尊敬するyukihiroさんを真似することからドラムが始まってるので、Ryoさんにもすぐ「ラルクが好きだろう」って言われて。それくらい頑張って真似してます。僕ファンクラブにも入ってて、めちゃくちゃライヴ見に行ってるんですよ。海外のドラマーだとジョジョ・メイヤーの正確さもすごいと思います。
ちゃりのり:あの人はすごすぎますよ。動画とかよく見るけど手がすごいことになってる。
将:多分、ジョジョ・メイヤーの動画を50回見て、やってることをやっと半分理解できるっていうくらいだと思う。
白-Mashiro-:一方で、王道のマイク・ポートノイとかね。日本人で言えば、YOSHIKIさんとか。激しくて、ツーバス踏んで。そういう派手なドラムもいいなって思っているので、いいとこ取りしていきたいですね。頑張ります!
ちゃりのり:僕は、SIAM SHADEの淳士さんやJanne Da ArcのShujiさんを尊敬してます。ドラマーとしても、エンターテイナーとしても。身近なところでは、アヲイのRyoさんがすごく好きで、ドラムのセットがまんま一緒なんですよ(笑)。
将:そうなんや! 確かにRyoくんのドラムはかっこいいな。
ちゃりのり:僕はフロントメンバー以上にかっこよくなりたい。性格上の問題かもしれないけど。お客さんからしたら、どうしても前3人に目が行くと思うんですけど、後ろにもかっこいいのが居るよ!ってアピールしたいんです(笑)。フロントメンバーがかっこいいからこそ、俺もかっこよくなりたい! エンターテイメントを提供するドラマーになりたいんですよね。
将:僕もかっこよくなりたいよ!
ちゃりのり:かっこいいの基準も人それぞれだと思うんで、例えば100人の人が僕を見てくれたときに半数以上がかっこいいと思ってくれるドラマーになりたいな。
将:演奏に集中したいから、叩いてる姿がかっこいい人になりたいですね。
ちゃりのり:僕がドラムを始めたきっかけって、同級生がバンドやってるのを見て、ドラムってかっこいいなと思ったからなんですよね。だから見た目のかっこよさって大事かも。
白-Mashiro-:僕は、ドラムを叩いたときに腕がお客さんから綺麗に見えるようなセッティングを心がけてます。叩きにくいったらないけど。
将:僕とRizくんは実用性重視のセッティングやんな。
ちゃりのり:そうかな? 前座らせてもらったとき、シンバルがすごく低く感じた!
将:それはあるかな。シンバルを低めに置いて、上から思い切り叩くから。
ちゃりのり:僕と白くんはシンバル高い組なんですよ。
将:僕はその楽器が持つ鳴りを最大限に引き出したいから、すべて叩きやすい場所に配置してる。実用性しか考えてないですね。
Riz:機材少ないけど、セッティングに時間かかるんですよね。
ちゃりのり:セッティングでひとつでもチェックを怠ると、ステージですごく影響を及ぼすから。しかも、途中で治すことってできないので。ステージスタッフに目で合図しても意外と気付いてもらわれへんし(笑)。
将:そうやんなぁ。
ちゃりのり:セッティングってほんま大事ですよね。
白-Mashiro-:ドラムってアナログですからね。
将:それ思うわ、ほんまアナログ!
ちゃりのり:早くしろっていうのもわかるんですけどね! 僕機材多いし(笑)。白くんも多いよね?
白-Mashiro-:スネアとペダルを除いたら、シンバル類と、キャノンタム。そのあたりで結構時間をくいますね。
将:キャノンタムってまたぶっ飛んでるな(笑)。
白-Mashiro-:しかも横じゃなくて縦に置くんで、いつもPAさんに「それでいいの?」って聞かれるけど、それでいいんです(笑)。タムは全部僕から見て水平になるように置いてますね。いくら叩きにくくても、お客さんから見てかっこいいんで。
ちゃりのり:ライドシンバルは僕も水平に置いてますね。だからセッティング終わってから、全体像を確認します。
将:ドラマーってどうしてもこうなっちゃうんですけど、こんなマニアックな話して面白いですか(笑)?
一同:(笑)
白-Mashiro-:じゃあ趣味の話をしましょう(笑)。僕の趣味はアニメ鑑賞です。深夜帯は全部録画してるんですけど、忙しすぎて観れてなくて、ハードディスクに溜まっていくんですよ。いろいろかぶってる時間帯は録画しながらリアルタイムに見ないといけないんで、どっちにしろ眠れないんですけど。今イチオシなのは、すごくゆるい気持ちになれる『普通の女子高生が【ろこどる】やってみた』です。バンドしてると張り詰めてることが多いので、それで癒やされてます。いつかアニメのお仕事が来るといいなって(笑)。
将:あー! それ俺も思ってた! アニメの曲やりたいなぁ。
白-Mashiro-:もはやドラムを叩くよりもアニメ制作の仕事をしてみたい! ドラムはもちろん楽器の中で愛着はあるんですけど、そこに固執はしてないんで。
Riz:最近は自転車にハマってます。それは漫画きっかけではないんですけど。
将:僕ら自転車同盟やもんな。新しい自転車欲しいんですよっていう相談をこないだ受けました(笑)。僕はもう2年前からロードバイク好きなんで。趣味といえば、電子工作も好きやねんけど。自分で何かを作ったりするのが好きで、実は今乗ってる自転車も、クロスバイクを改造してロードバイクにしたんです。
ちゃりのり:この人何屋さんかな(笑)?
将:普通ならプロに任せてやるようなことを自分でやって、いかにローコストに納得いくようにやるかっていうのが好き。

――ちょっと柊さんと性格が似てますね。

将:そうなんですよね、ものづくりが好きです。
ちゃりのり:Rizくんは結構アウトドア派なん?
Riz:そうですね、釣りとかも行きます。
将:釣りええなー!
ちゃりのり:僕、身体動かすの好きなんやけど、暑いのが嫌いで。
将:じゃあプールやな。
ちゃりのり:プールは好き! 身体鍛えるのは好きなんですよね。冬場なら走ったりします。疲れるまでやってしまうんで、行き道3時間走って疲れて、帰りは疲れた状態で5時間歩いて帰ったことがあって。走りに行っただけやから財布もなくて、歩くしかなかったので、やっちまったなぁって思いました。薄着やから汗がひいてきて寒いし(笑)。あとは食べることと料理が好きですね。
将:僕料理も好きやで。
ちゃりのり:基本的に将さんは何かを作るのが好きな人なんですよね。料理してそれがうまかったら、すごいなぁってなりません?
将:なるよ! 僕は基本パスタしか作らへんねんけど。ペペロンチーノを完璧に作れて「これや!」ってなったときの幸せはすごいよ。
ちゃりのり:わかる! 料理がうまくいったときの感動! それをおかんとか弟に食わせて、うまいって言われたときは「せやろー!」ってなる(笑)。
白-Mashiro-:料理が好きっていう人の気持ちがわからない(笑)。
ちゃりのり:やってみよう! うまい調味料を見つけたときの感動もすごいよ。いい機材を見つけたときの感動と似てる(笑)。

――ベース座談会の「ええ醤油の話」を彷彿とさせますね(笑)。

ちゃりのり:醤油もそうなんですけど、塩も大事。クレイジーソルトはすごいよ! ハーブが入ってて。
白-Mashiro-:それは大丈夫なハーブですか(笑)。
ちゃりのり:大丈夫! クレイジーだけどいい感じのハーブ(笑)。下味ってめっちゃ大事だから。料理とドラムって似てると思うんですよ。料理は下味が大事で、ドラムもバックビートとか基礎が大事なんで。その共通点を見つけて、ちょっと僕は喜びを感じています。それについてはもっと言いたいんですけど。
将:しゃべってええよ(笑)。
ちゃりのり:僕ね、鶏肉を本気で焼いてみたんですよ。
白-Mashiro-:ニコ動の料理動画みたい(笑)。
ちゃりのり:鶏肉っていうのは、冷蔵庫から出してすぐに調理したらダメなんですよ。一旦常温に戻してから焼かないと…

以下、鶏肉の焼き方に関するこだわりを語るちゃりのり。聞いていてお腹の空く話で興味深かったが、残念ながら割愛。

ちゃりのり:いやぁ、だからまとめると、音楽と料理は似てるんですよね。
将:やっぱりそれはちょっと無理矢理やな(笑)。
白-Mashiro-:あんまり料理をする気にはならなかったですね…(笑)。
ちゃりのり:違うんだよー! ライヴをするのと見るのとどっちが好き?
白-Mashiro-:それはする方が好きですね。
ちゃりのり:じゃあそれは料理をする方が好きに繋がるんだよ!
白-Mashiro-:いやぁ(笑)。
ちゃりのり:僕は小さいときからお母さんに料理ができるようになりなさいって言われてて、それが疑問だったんで、どうしてなのか聞いたんですよ。そしたら「世の中には料理ができない女の子がいっぱいいるんだよ」って言われて。ひとりで生きられるように料理を覚えました(笑)。
将:俺はパスタだけやからなー。
ちゃりのり:パスタ系ドラマー(笑)。僕、今度親子丼とかカレーとか作って持ってくるよ! もし白くんが食ってマズいって言ったら多分普通にショック受けるけど(笑)。
白-Mashiro-:食べさせていただけるなら嬉しいですね。

――彼女か(笑)。DEAD WESTの話をしてください(笑)。

ちゃりのり:先の3人がもういっぱいしゃべったから、もうあえてこういう話をしてるんですよ(笑)。
将:そうですねぇ、ドラマーとしては、僕のスタイルってヴィジュアル系になかなかないプレイスタイルだと思うので。音数を増やして迫力を出すよりは、いかに少ない音数で世界を作っていくかっていう引き算の美学で。
Riz:僕はビートに自信があるんで、今回の収録曲も四つ打ちで踊れるような曲も入ってるんで。みんなに踊ってもらえるようなプレイをしたいですね。
将:じゃあ僕踊る!
白-Mashiro-:仲良しか(笑)。
将:僕Rizくんのドラム好きやしなー。白-Mashiro-くんのドラムも楽しみやけど!
白-Mashiro-:トモヤさんが天才とか言ったからハードル上がってるんですよねぇ…(笑)。僕は努力を人に見せたくないタイプなんです。ステージでは成長の過程抜きの結果だけ見せるので、ぜひ「天才だなぁ」と思っていただければ嬉しいです(笑)。うーん…、今度トモヤさんにジュースおごってもらおう(笑)。
一同:(笑)
ちゃりのり:メカクシはいちばんアツいバンドで、最強のメンバーが居るので。それですごくアツいライヴをします、暑苦しいくらいの。浚ヤくんも言ってたけど、本当に全身全霊でライヴしてるんで。9月は皆さんに猶予を与えて、11月に皆さんをボコボコにします!

ちゃりのりの宣戦布告で幕を閉じたドラマー座談会。なかなか普段見られない彼らの姿を垣間見ることができた。
すべてのパートの座談会を終えて、さらにひとりひとりへの興味を深めることができ、知らなかった一面を知ってもらうことができたのではないだろうか。今後のDEAD WESTからも目を離すことなく、彼らのこれからを目撃して欲しい。

(interview:田端郁)

LINEで送る

Top